オンライン版

認知症介護コース

【講座名】
認知症フレンドリー講座
認知症を「自分事」として考えるきっかけにする


» 動画視聴ログイン
受講者の方はこちらから動画をご覧ください

【講師プロフィール】
坂田 一裕 氏
1993年朝日新聞社入社。週刊朝日編集部、朝日新聞静岡総局で記者・編集者を経て、 新規事業を担当するメディアラボ、総合プロデュース本部で健康医療領域の事業創出を担当。 近年は「認知症」をテーマについて取り組み、創刊140周年記念事業の「認知症フレンドリープロジェクト」提案メンバー。

【解説】朝田 隆 氏(東京医科歯科大学特任教授)
認知症治療の第一人者が、認知症とはどんな病気なのかをテーマごとに詳しく解説。

【講義内容】
[認知症を正しく理解するために]

超高齢化が進む中、認知症になっても本人の尊厳が守られ、住み慣れた街で今まで通り安心して暮らしていける社会づくり。認知症を「自分事」として考えるきっかけとするために、認知症の人のインタビューを通してその考えを知り、認知症の人の気持ちを理解し、認知症の人とともに暮らす「共生社会」とは何かを考える

[講座プログラムの特徴]

〇認知症治療の専門医が監修
〇認知症の人が体験や思いを語るインタビューを収録
〇専門医(朝田隆医師)が認知症をわかりやすく解説