加盟健康保険組合

ふれあい健康事業推進協議会 加盟健康保険組合一覧

平成30年4月1日現在(アイウエオ順)

No. 健康保険組合名 No. 健康保険組合名
1 アサヒグループ健康保険組合 25 東京実業健康保険組合
2 朝日新聞健康保険組合 26 トッパングループ健康保険組合
3 旭ファイバーグラス健康保険組合 27 トピー健康保険組合
4 いすゞ自動車健康保険組合 28 豊島健康保険組合
5 伊藤忠連合健康保険組合 29 トヨタ自動車健康保険組合
6 イノアック健康保険組合 30 日本触媒健康保険組合
7 AIG健康保険組合 31 日本通運健康保険組合
8 SCSK健康保険組合 32 日本電気健康保険組合
9 MBK連合健康保険組合 33 日本山村硝子健康保険組合
10 花王健康保険組合 34 博報堂健康保険組合
11 カネカ健康保険組合 35 フジクラ健康保険組合
12 小糸健康保険組合 36 HOYA健康保険組合
13 コニカミノルタ健康保険組合 37 ポーラ・オルビスグループ健康保険組合
14 小松製作所健康保険組合 38 三菱地所健康保険組合
15 三機工業健康保険組合 39 三菱自動車健康保険組合
16 J-オイルミルズ健康保険組合 40 三菱UFJニコス健康保険組合
17 ジェイティ健康保険組合 41 明治安田生命健康保険組合
18 ジェイティービー健康保険組合 42 明電舎健康保険組合
19 シチズン健康保険組合 43 名糖健康保険組合
20 シティグループ健康保険組合 44 横河電機健康保険組合
21 セイコー健康保険組合 45 ライオン健康保険組合
22 太平洋セメント健康保険組合 46 リコー三愛グループ健康保険組合
23 大和証券グループ健康保険組合 47 ローソン健康保険組合
24 デパート健康保険組合

加盟健保数 47健康保険組合

●ご入会のご案内●
ぜひ、各種健康教室・介護教室をご見学ください。

入会のメリット

複数の健康保険組合が共同で各種健康・介護教室を実施することにより、健康保険組合単独では実現しにくい事業の実施が可能となり、共同事業特有のメリットを活かすことができます。

●保健事業の経費の削減が図れます

経費負担は、各教室に参加した人数に応じた額となるため、必要最小限の支出にとどめることができます。単独の組合で事業を実施した場合と比較すると、大幅に低い予算で各種健康・介護教室の実施が可能になります。

●保健事業の内容の充実が図れます

介護支援や健康増進に向けた複数のバリエーションを持った事業を展開しているため、保健事業のテーマや内容の充実を図ることができます。

●被保険者に向けた保健事業の機会均等化が図れます

全国各地で各種の健康・介護教室を実施しているため、被保険者が少ない地域でも事業の実施が可能となります。これにより、全国に点在する被保険者に対して、保健事業の機会均等化を図ることができます。

●保健事業を実施する際の作業の軽減が図れます

事業を実施する際の健康保険組合事務局の作業負担は、事前の参加者募集・案内等のみです。単独で各種の教室を行う際の、会場や食事の予約、当日の会場設営や受付、後片付けなど、準備や後処理に関する作業負担の軽減を図ることができます。

●参加希望者が1名でも実施できます

複数の健康保険組合で募集を行っているため、単独の健康保険組合からの参加希望者が1名であっても実施することが可能です。

入会のご案内

ふれあい健康事業推進協議会に入会を希望される健康保険組合、事業に関心のある健康保険組合は、本協議会の事業委託機関である公益財団法人 総合健康推進財団 関東支部までご連絡ください。

入会申し込み・お問い合わせ先

ふれあい健康事業推進協議会事業委託団体
公益財団法人 総合健康推進財団 関東支部
電話:03-6262-7131
e-mail:info@fureai-k.com
URL:http://www.soukensui-kikaku.com/